サイコパスを操作する

サイコパスから学ぶ

サイコパスの扱い方

 

前回の記事では、サイコパスが人を操る戦略について説明した。

今回はそれを踏まえ、相手がサイコパスだと確定した後の立ち回りについて解説する。まずは結論から紹介しよう。

 

 

サイコパスの扱い方

  • サイコパスに関する誤解をしない
  • 相手の性格を正しく見極める
  • 自分を知り尽くし、弱点を把握する。
  • 相手の手口に相応しい方法で対処する。
  • 「負け戦」には手を出さない。

これが重要な指針となる。

具体的な説明に入ろう。

 

 

サイコパスに関する誤解をしない

あなたの人間観が脆弱なら、それは付け込まれる弱みとなる。

「人は基本的には同じだ」という思い込みは特に致命的になる。どんな人間にも愛情や良心、責任感や罪悪感があるという”誤解”は身を滅ぼす。そう、これらが欠如した人間こそサイコパスなのだ。

 

「パーソナリティ障害」である「境界性」や「自己愛性」と比べてみても、サイコパスの人間観や世界観は一線を画している。

 

「境界性」や「自己愛性」が他人を操ったり傲慢にふるまう背景には、他者からの愛情や称賛といった情緒的な動機がある。一方、サイコパスにとって情緒的なやりとりなど、都合のいいジョークのようなものだ。

 

人を操るのは愛情を求めるからではなく、利益を得るための手段に過ぎない。傲慢さは自己愛性のように「理想の自己像」と一致を図るからではなく、「他人はモノに過ぎない」という観念から生まれる。

 

あなたがサイコパスとの情緒的な関係に固執する限り、彼らは熱っぽい演技をして搾取を行う。もしあなたが愛を信じるのなら、同じように愛を信じる人をパートナーとして選ぶべきだ。サイコパスにとって恋愛はジョークなのだ。

 

人はサイコパスの言動に疑問を抱きがちだが、その困惑自体が弱みとなる。そのような困惑は、「人は基本的には同じだ」という”誤解”から生じるのである。

 

サイコパスは、あなたとは別の世界を生きている。

 

 

相手の性格を見極める

彼が普段、どのように他者と関わっているのか観察しよう。

その付き合い方から性格を見極めることができるだろう。

 

「相手を押しのけて自分を押し通す」

「つねに勝利を考える」

「優位な地位に必ず立とうとする」

「相手に”ノー”と言わせない」

「単刀直入な質問にきちんと答えない」

「悪意に満ちた行為を犯しながら言い訳をする」

「あなたの罪悪感を刺激してくる」

「手段を選ばず相手を不利な立場に貶め、自分の思い通りにしようとする」

 

これらの特徴をもっているなら、あなたは今、サイコパス的な人物を相手にしているのだと確信できる。もちろん、サイコパスはこのような行為を平然と実行している。

 

表情や言葉面に惑わされ、本質を見落とさないように。

 

 

 

自分の性格を熟知する

サイコパスの切り札は、「相手の性格」に関する知識だ。

 

彼らは自分の戦術に対して相手がどう反応するか熟知している。そうであれば、あなたも自分自身について熟知し、弱点を克服しておく必要がある。その際には、次の「サイコパスがターゲットとして選ぶ5つの性格」を参考にするといい。(青字は弱点を表す)

 

  1. 過剰にナイーブ

サイコパスから攻撃を受けていると気づきながら、「相手はそんな人間であるはずがない」という”否認”をする。相手の本性が狡猾で悪質だという証拠をどれだけ見せつけられても、この考えを認めることができない。そして、繰り返し痛い目に遭っている。

 

 

  1. 過剰に良心的

自分自身に対して厳しいタイプではないだろうか。

サイコパスを相手に「疑わしきは罰せず」とばかりに、墓穴を掘ってしまう。傷つけられても相手の立場を斟酌するばかりで、どれほど自分が追い込まれても、原因はこちらにあると自分を責めてしまう。

 

 

  1. 自信に乏しい

サイコパスと対峙したときだけでなく、普段から人と関わる際、手際よく問題を解決する能力に対して自信がないかもしれない。このタイプの人が好戦的な人物に挑まれると、自己主張を早々に放棄してしまう。

 

 

  1. 理詰めで物事を考えすぎる

「相手が自分にこんな仕打ちをするのは、それなりの理由があるからだ」と考えているなら、それは自分自身を欺くことにもなりかねない。

理由さえわかれば、状況を一変させるには十分だと信じ込んでいる。そうした考えから、たまたま納得するような理由に思い当たるかもしれないが、その時点で既に立場が不利になっている。

 

この世には自分の欲望を満たすためだけに人を攻撃する人が存在するという、簡単な理屈を受け入れることができないのだ。

 

 

  1. 依存感情

服従的で、ひとりで主体的に行動することに恐怖を感じていないだろうか。

こういうタイプは、自信に満ち溢れる者、独立心旺盛な者、相手の好戦的な性格に最初から惹かれているのかもしれない。

関係が深まるにつれ、逆らって見捨てられるのを恐れるあまり、相手の言いなりになっている可能性がある。

 

 

相手の手口に対処する

これについては、後で詳しく説明しよう。

その前に、たとえどんな手口で攻撃してこようとも、死守すべきルールがある。

 

それは、「動揺してはならない」ということだ。

感情的になっては相手の思う壺だ。そして感情的に行動した自分を恨み、後悔することになるだろう。

 

つねに自分が正しいと思える対応を心掛けよう。相手の理不尽な仕打ちに対して感情的になってはいけないが、受動的になりすぎてもいけない。たじろがずに自己主張する必要がある。

 

 

負け試合には手を出さない

サイコパスに翻弄された人は明晰な思考ができなくなり、合理的に振る舞えなくなる。相手に勝つことにこだわれば、必ずや無力感と絶望に直面し、鬱状態に陥ってしまう。

 

ここでいう勝ち目のない戦いとは、「相手を変えようとすること」だ。

この戦いの果てには、避けようのない怒りが待ち受けている。

 

そうした人は心の安定を失い、自分を律する気力さえも無くしてしまうだろう。

 

 

具体的な対処方法

サイコパスと対峙する上での心構えについて話した。

次に、具体的なかかわり方について説明しよう。

 

言い訳を聞き入れない

相手の不適切な行動に対する合理化を許してはならない。

その行動があなたに害を及ぼすものなら、どんな理屈であれ不適切なものに変わりはないのだ。

 

相手がそんな言い訳を口にするのは、今の支配的な立場に固執しているからだが、そんな立場に留まろうとすること自体がそもそも誤りである。

 

「相手がこちらに対して説得する権利は尊重するが、その言い訳を聞く耳はいっさい持たないし、聞いたからといって自分の考えを変えるつもりはない」ということを知らしめてやろう。

 

 

意図ではなく行動で判断する

同じ「パーソナリティ障害」でも、境界性や自己愛性とサイコパスでは意図が全く違うという話をした。しかし実際には、サイコパスは自分の行動を情緒的な意図で行っていると錯覚させることできる。

 

そのため、相手の行為に対して「なぜこんな仕打ちをするのだろう」と深読みしてはいけない。相手の真意など知る由もないし、行為としては不適切なことには変わりない。

 

特に重要なことは、あなたがそのように考えを巡らせることによって「肝心の問題」から注意逸らされてしまうということだ。彼の意図に納得したところで、あなたに危害が及んでいる現実は変わらない。極端な話、まずは自分が助かるということを最優先すべきだ。

 

相手の意図によっては酌量の余地を与えようなどと考える人は、サイコパスにとってカモでしかない。

 

 

個人的な限界を設ける

対人関係において重要になってくるのは、次の二つの限界を設けておくことだ。

 

第一に、「相手の行為に対して、ある程度までなら許容し、それを超えたら反駁する、関係を切る、といった決め事をする」

 

第二に、「自分自身をもっと大切にするため、どんな行動とれるのか」

 

「自分さえ耐えれば何とかなる」と考えて限界を先延ばしにするのは、人間関係の泥沼化を招く。そうしたメンタリティは、相手のサイコパシーをさらに強化する餌になるのだ。

 

 

はっきりと要求する

頼み事をするときは、自分が何を望んでいるのかをはっきりと相手に伝える。

必ず「私は」と語るようにし、曖昧な言い方を避ける。

「私は○○してほしい」「これ以上私に○○するのはやめて欲しい」と明確に伝える。

 

これにより次の効果が期待される。

第一に、相手から曲解(あるいは意図的に誤解)される余地が減る。

第二に、ダイレクトな要求に対して曖昧な答えが返ってきた場合、こちらに対して攻撃の最中であるとか、協力を拒んでいる、あるいは何らかの妨害を企んでいると知ることができる。

 

 

ダイレクトな返事だけを受け入れる

はっきりと要求したら、相手もダイレクトな返事をするように促す。

誤魔化してきた場合にはもう一度尋ねる。

その際、けんか腰や威嚇的な調子ではなく、「自分にとって重要な問題であり、ただちに対処すべきものだ」と敬意をもって主張する必要がある。

 

こうした率直なコミュニケーションが取れないタイプの人は、それゆえサイコパスに利用される余地がある。

 

相手を変えようとするよりもまず、目の前にいる相手と対等に渡り合う度量が自分にあるのかを見極め、自分が変わる必要があるのだ。

 

 

責任を突きつける

不適切な行為を問いただすのなら、こちらに責任を転嫁してこようとも、あなたが害を与えられた言動そのものに注意を集中させる必要がある。

 

非難や責任を転嫁する相手の思惑などを聞き入れてはならず、誤った行為を正すために「何をするのか」を相手に要求し続ける。

 

相手の合理化には耳を貸さず、話題を逸らそうとする手口にも乗ってはいけない。

 

過ちを犯せば、それを変えるための重荷は当の本人が負わなければならない。それについて個人的な憎しみや怒り、後ろめたさなど感じる必要はない。「相手の言動がそれによってどう変化するか。」ただそれだけに集中しよう。

 

 

露骨な非難は避ける

サイコパスは、攻撃を仕掛ける口実探しに常に余念がない。

自分に向けられたいかなる敵意も”攻撃”と受け止め、それに応戦することは正しいことであるとさえ感じている。

 

また、性格について非難を受けると、否認や選択的注意、他罰というお得意の手口で攻撃してくる。

 

サイコパスに対して怖気づく必要はないが、その際に率直になりすぎて攻撃的になってはいけない(そう思われてはいけない)ということだ。

 

自分の意見を話す

サイコパスを相手にするときは、かならず「私は」という主語で語るようにする。

(常識や道徳をもちだしても逆効果でしかない。)

 

他の人間の意見を”盾”として用いるのは、自分が気後れしているという事実をみすみす白状するようなものだ。

自分の正当な権利を守るため、正々堂々と立ち向かう勇気を持つことが大切だ。

 

そして双方が納得できる win-win な合意を目指して話し合いを進め、お互いが約束を守るということを認めさせなければならない。

 

「お互いが得をする状況を目指す」ことは非常に重要で、自己利益が行動原理であるサイコパスと建設的な関係を結ぶためには、この手段しかないと言える。

 

 

あなたの中のサイコパス 

 

以上が「サイコパスの扱い方」だが、日常的なコミュニケーションでも重要なことが多かったかと思う。

 

 

ところで、前回の冒頭で「誰しもサイコパスになる時がある」と言ったように、ときに感情的な人間でさえ、サイコパスの手口を無意識的に利用していることがある。

 

私はサイコパスについて知れば知るほど、誰もが多少の”サイコパシー”をもっているのだと思うようになった。

 

サイコパスを許せないという人は、彼らの利己的なふるまいを疚しいものと感じると同時に、そんな疚しさを自分自身の中にも見つけるだろう。

 

所謂、「他人は自分を映す鏡」というものだ。

 

それを理性的に自覚し、律する努力をしたことがないからこそサイコパスの言動に対して感情的になってしまうのだ。

 

 

まずは自分の中に潜むサイコパスを操作しよう。

それを上手く扱えるようになれば、他人の言動に対して動揺することはなくなる。

 

実際、私は他人からどんな仕打ちを受けようと「まあ、そういうも時ある」と冷めた目で見ることができる。もちろん、その仕打ちに対しては”然るべき処置”をとっている。

 

良心的な人ほど利用されることも多いので、平穏に暮らしたければ「ナメられない努力」も大切だ。その秘訣を今回の記事で紹介したともいえる。

 

そして、あなた自身にもサイコパシーがあると率直に認められたとき、はじめて彼らとWin-Winな関係」を結ぶことができるだろう。

 

 

 

参考

 

文庫 他人を支配したがる人たち (草思社文庫)

文庫 他人を支配したがる人たち (草思社文庫)